奥川くん(ヤクルト)が入寮する戸田寮とは?いつまで寮生活?門限や料理についても | ジャージねこのmixサイト

奥川くん(ヤクルト)が入寮する戸田寮とは?いつまで寮生活?門限や料理についても

どーも、ジャージねこです。

奥川くんの入寮が、
近付いてきました!

お正月は、送別会やら
最後の家族団らんを
楽しんだのでしょうね。

おそらく、
今週末から来週頭にかけて
入寮するのだと思います。

今回は、
奥川くんが入寮する戸田寮について、
まとめてみました。

 

奥川くんが入寮する戸田寮ってどんな施設?

 

奥川くんたち新人選手が
入寮する「戸田寮」は、
2軍グラウンドである戸田球場
の目と鼻の先にあります。

戸田寮の外観

引用:SANSPO. COMより

 

場所はこちら。↓↓↓↓↓

場所

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木8丁目18-5

 

1階にある室内練習場は、
2014年に、13億円の工事費と
3年の月日をかけて、改修しました。

かなり広くて、
球界屈指の豪華施設です。

早朝から22時まで使用可能なので、
試合のない日は、ここで、
体を鍛えるのでしょうね。

 

部屋は?

戸田寮で生活する新人選手たちは、
全員、個室が与えられます。
(そりゃそうだよな。^^)

部屋の広さは12畳
お風呂はユニットバスだそうです。

意外と庶民的。^^

 

引用:SANSPO.COMより

 

3階から5階が
選手たちの部屋だそうです。

寮の近くに、1500万円かけた
110坪もある専用の洗濯場が
あります。

元ヤクルト投手と、
クリーニング師の資格を持つ方が、
ユニフォームを洗濯を担当して、
キレイに整えてくれます。

奥川くん、
自分で洗濯しなくていいね。^^

 

門限は何時?

門限は、

野球のシーズン中は22時
お休みの前日は24時

そうなんだーー!!

プロ野球選手とはいえ、
寮先活だと、門限があるんですね。

門限を破ったことが
発覚したら罰金!

外食しても、その日のうちに
さっさと帰ってきなさい~
ということね。^^

真面目な子は、
きっちり守ることでしょう。^^

 

外泊したい場合は、
申請書を提出するんですって。

基本的に、外泊は、
お休みの前日に月1回
認められています。

うーーん、どうでしょう。

彼女ができたら、

制約がある方が、逢瀬が楽しめそう

な気もする。(笑)

 

戸田寮の料理は美味しいの?

 

戸田寮の食事はビュッフェ形式
栄養管理もバッチリ、絶品だそうです。

専属の管理栄養士と調理師がいて、
1日の摂取カロリーを
3食4000~450㌔カロリーで
計算してくれています。

普通の成人男性の約2倍です。
下半身も大きくなるはずだな。^^

味も、かなり美味しいらしいです。

後に奥さんになる人の
ハードルが上がりますねー。

 

すごいのが、
食堂のホワイトボードに、
投手、野手に分けて、
食事のアドバイスも書かれている
とうこと。

先発するピッチャーは、
前日は、炭水化物を多く、
低脂肪食にするのがいい、とか。

選手からのリクエストに
柔軟に応えてくれたり、
ご当地メニューが並んだり、
かなり充実していて好評だといいます。

カニ鍋も出てくるらしい。
とり野菜味噌、ブリ大根とか、
戸田でも食べれるかもよー🎵

季節感も重要視しているので、
1/7には、七草がゆも出てくる
ことでしょう。

ちなみに、ヤクルト飲み放題らしい。

 

奥川くんはいつまで寮生活?

 

新人選手は、
大卒と社会人は、2年間
高卒は、4年間
寮で生活するの決まりとなっています。

ただし、

結婚すれば、退寮が認められます。

 

結婚すれば、退寮が認められます。

 

結婚すれば、退寮が認められます。

 

いくら最高の設備が
完備されているとはいえ、
集団の寮生活。

彼女がいる場合、

退寮することが、
結婚の動機付けになることも
あるのではないかと思います。

彼女ができても、
自由に会えないしね。^^

 

あの山田哲人選手は、
2010年に入寮し、
2014年に退寮しました。

スター選手も、
戸田寮からスタートしたと思ったら、
がんばろうと思えるね。

学生の延長みたいで、
同期とも仲良くなれそうです。^^

 

戸田寮の潜入動画はこちら。↓↓↓↓↓

 

まとめ

いかがでしたか?

ちなみに、
大卒・社会人は、
入団した年の日本シリーズ終了時点、
高卒は21歳になった時点で、
車の運転が可能となります。

奥川くん、
運転免許は取ったけど、
しばらくはペーパードライバーか。

プロ野球選手になったとはいえ、
まだ未成年。
色々と制約があるのですね!

お読みいただき、
ありがとうございます。

ネタ元は、こちらで取り上げた記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です